ビタミンPとは

いいサプリメント.comビタミン様作用物質事典ビタミンP

ビタミンPとは

水溶性のビタミンです。フラボノイド(注1)のヘスペリジン、ルチン、ケルセチン等をまとめてビタミンPと呼びます。このうちヘスペリジンはミカン由来のポリフェノールで、柑橘類に多く含まれています。

(注1)天然に存在する強い抗酸化力を持つ化合物で、色素性を持つものも多く、水酸化したものはフラボノールとよび、いわゆるポリフェノールとして一般的に知られている。


【効能・効果・生理機能(働き)】

ビタミンPの主な働きには、以下のようなものがあります。

■ビタミンCの働きを助け、ビタミンCの酸化を防ぐ
■毛細血管壁を強くする(打撲による青あざを防ぐ)
■血中中性脂肪を分解する
■歯茎からの出血を防ぐ
■感染に対する抵抗力を作る
■高血圧を防ぐ

« 前の項目にもどる ← →次の項目へすすむ »

いいサプリメント.com限定の完全無料レポートです。

ご自分の健康をレベルアップすることは、それ程難しいことではありません。「正しい知識を学ぶこと」、「毎日口に入れる食べ物に少々気を遣うこと」、そして「これらを習慣化すること」だけです。

このレポートを、あなたとあなたの大切な方のために是非ご活用下さい。
(以下に、このレポートをご覧いただくメリットの一部をご紹介します)

  • 健康の本当の意味が分かります
  • 生活習慣病とそれを防ぐための栄養素との関わりが分かります
  • 肥満するメカニズムが分かります
  • ダイエットしながら健康になる方法が分かります
  • 活性酸素発生の仕組みとそれを防ぐ方法が分かります
  • 代謝不良の原因とそれを防ぐ方法が分かります
  • 健康レベルを上げるためのコツをつかめます
  • 栄養素の重要性が分かります
  • 現代の食生活の問題点が分かり、その解決策が見えてきます
  • サプリメントを選ぶ基準が分かります

健康への第一歩はこちら!!
↓ ↓ ↓ ↓
現在 調整中
◆あなたのメールアドレスへ「当店限定の無料レポート」をお届けします。

ビタミン様作用物質事典 項目一覧