第二種電気工事士合格指導講座

資格取得を目指す方の通信講座ユーキャン通信講座土木・建築・設備 >第二種電気工事士合格指導講座

第二種電気工事士合格指導講座

第二種電気工事士合格指導講座とは、日常生活の電気工事に不可欠な専門技術者である第二種電気工事士の試験に合格することを目標に学ぶ講座です。


第二種電気工事士とは、住宅や店舗などの新築,増築時に、内装工事に移る前に配線図に従って、屋内への配線,コンセントの設置やアース施工などの屋内配線と呼ばれる工事をする専門技術者です。


住宅やマンションの新築,改築が増えている今、電気工事士のニーズは高く、関連企業の間で有能な人材が求められています。第二種電気工事士の資格を取得すれば、就職や転職の際にも有利になります。(求人広告でも、年齢に関係なく有資格者が優遇されています。)また、実務経験を積んで独立することもできます。


第二種電気工事士試験の受験資格は特になく、年齢,性別,学歴,実務経験に関係なく誰でも受験することができます。 試験内容は筆記試験と技能試験があり、筆記試験の合格者のみが技能試験を受験することができます。試験日は、全国一斉毎年1回行われ、筆記試験は例年6月、技能試験は例年7月に行われます。


試験内容は、筆記試験は以下の7科目から合計50問出題されます。(※四肢択一式で記述試験はありません。)
●電気に関する基礎理論
●配電理論および配線設計
●電気機器、配線器具ならびに電気工事用の材料および工具
●電気工事の施工方法
●一般用電気工作物の検査方法
●配線図
●一般電気工作物の保安に関する法令


技能試験は電気工事士の基礎技能を確認するための試験で、以下の作業の全部,または一部について行われます。
●電線の接続
●配線工事
●電気機器および配線器具の設置
●電気機器・配線器具ならびに電気工事用の材料および工具の使用方法
●コードおよびキャブタイヤケーブルの使用方法
●接地工事
●電流・電圧・電力および電気抵抗の測定
●一般用電気工作物の検査
●一般用電気工作物の故障箇所の修理
定員制の試験ではないため、一定以上の点数を取れば誰でも合格することができます。合格率は50%以上です。


【ユーキャンならではの特徴:第二種電気工事士合格指導講座】

ユーキャンでは、以下の学習方法を取り入れています。

ユーキャンの第二種電気工事士合格指導講座は、過去の出題傾向を徹底分析し、筆記試験と技能試験共に幅広く対応できるよう工夫されています。

◆筆記試験対策:テキスト学習で基礎理解力を深め、演習問題を繰り返す事によって第二種電気工事士本試験に向けた実力を養っていきます。筆記試験合格に必要な計算力も自然に身につきます。

◆技能試験対策:技術や実技練習の方法を映像で見て学ぶビデオ学習や、実習用教材を使って実際に実技の訓練をします。


しっかり学んで、第二種電気工事士の資格を身につけましょう!

<<無料案内資料のご案内>>

ここをクリックすると、全てのユーキャン通信講座・無料案内資料をネットから請求できます
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ユーキャンでは資格から趣味まで100講座以上を紹介!