土地家屋調査士講座 午前の部 試験対策コース

資格取得を目指す方の通信講座ユーキャン通信講座土木・建築・設備 >土地家屋調査士講座 午前の部 試験対策コース

土地家屋調査士講座 午前の部 試験対策コース

土地家屋調査士講座 午前の部 試験対策コースとは、不動産の表示に関する登記を独占的に行う国家資格である土地家屋調査士の午前の部の試験に合格する事を目標に学ぶ講座です。 (※試験は午前の部と午後の部に分かれていますが、午後の部試験は『測量士』『測量士補』『建築士(1,2級)』の資格が一つでもあれば免除される規定になっているため、ほとんどの受験生は事前にいずれかの資格を取得し、午後の部試験をフリーパスしています。土地家屋調査士講座 午前の部 試験対策コースも午前の部合格のみに焦点をあてています。)


土地家屋調査士とは、不動産登記業務の『表示に関する登記』を独占的に行えるよう認められている国家資格です。不動産は登記して初めて所有者が権利を主張したり財産を守ることができるので、その意味でも社会的責任も大きく、信頼も厚い存在です。


土地家屋調査士の主な仕事内容は、以下のようなものです。
●土地や建物が現在どのようになっているか、書類を見たり現地へ足を運んで確認するなどの調査活動
●土地の面積や建物の床面積などの変更申請の際添付する図面を作成するために行う、対象の土地や建物の測量
●調査や測量の結果を元に、登記申請する様々な書類の作成
●作成した書類を法務局へ提出する申請手続き(代行)


土地家屋調査士は、資格取得後はフリーとなって独立しやすいのも特徴です。また、不動産登記申請の専門家として高い評価にふさわしい報酬を得ることもできます。


土地家屋調査士試験の受験資格は特になく、誰でも受験することができます。試験日は、午前,午後試験は8月中旬(同じ日)で、口述試験は11月上旬です。試験会場は、試験内容によってそれぞれ違います。
●午後試験免除者:法務局(地方法務局)がそれぞれ指定した場所
●午後試験受験者:管区法務局または那覇地方法務局がそれぞれ指定した場所
●口述試験:それぞれの管区法務局が指定した場所


試験科目は、午前の部試験は『不動産の表示に関する登記』について必要な知識(法律関連の択一式問題20問と書式(記述式)問題2問)で、午後試験は、『測量技術』に関すること(平面測量と作図:測量関係の択一式問題10問と記述式問題1問)です。 口述試験(面接形式)は、午前:不動産登記法(土地,建物)で午後:不動産登記法(区分建物等)と土地家屋調査士法です。


【ユーキャンならではの特徴:土地家屋調査士講座 午前の部 試験対策コース】

ユーキャンでは、以下の学習方法を取り入れています。

ユーキャンの土地家屋調査士講座 午前の部 試験対策コースの全7巻のテキストは、難しい法律用語や専門用語は補足説明しており、図解も使って説明しているので法律を初めて学ぶ方でも無理なく学習することができます。

ユーキャンの土地家屋調査士講座 午前の部 試験対策コースは、過去問題を徹底分析しているので、本試験に出るポイントが分かりやすくなっています。

ユーキャンの土地家屋調査士講座 午前の部 試験対策コースは、本試験の作図や計算問題に対応できる『作図用具セット付きコース』もあります。本試験に持ち込める用具も優れたものを使いこなすことで、解答時間の短縮にもつながります。

ユーキャンの土地家屋調査士講座 午前の部 試験対策コースは、数学が苦手な方も『土地家屋調査の基礎数学』で基礎をしっかり学ぶことができます。

ユーキャンの土地家屋調査士講座 午前の部 試験対策コースは、初めて学ぶ方も重要ポイントがすぐわかる『作図の基礎と実践ビデオ』がついているので、映像を見ながら申請書や図面の書き方も一から分かり、書式問題攻略のための実力を身につけることができます。


しっかり学んで、土地家屋調査士の資格を身につけましょう!

<<無料案内資料のご案内>>

ここをクリックすると、全てのユーキャン通信講座・無料案内資料をネットから請求できます
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ユーキャンでは資格から趣味まで100講座以上を紹介!