宅地建物取引主任者受験講座

資格取得を目指す方の通信講座ユーキャン通信講座法律・財務・経理 >宅地建物取引主任者受験講座

宅地建物取引主任者受験講座

宅地建物取引主任者受験講座とは、不動産売買や賃貸等の取引の際に必須の国家資格である宅地建物取引主任者の試験に合格することを目標に学ぶ講座です。


宅地建物取引主任者は、不動産業界では必須の国家資格で、事務所に5人に1人の割合で有資格者を置くよう義務づけられています。不動産取引に関する法的知識を必要としている企業は多く、不動産会社や建設会社,住宅メーカーはもちろん、金融,保険会社や 一般企業の総務・財務部門などでも有能な人材が求められています。このように宅地建物取引主任者は様々な場面で活用できるため、就職や転職の際には有利に働き、昇進や昇給にも結びつき、資格手当がつくこともあります。


また、宅地建物取引主任者としてのキャリアを積んで、独立開業することもできます。宅地建物取引主任者試験の学習で得た法律知識は、他の資格を取得する際にも役立つため仕事の幅も拡がります。


宅地建物取引主任者試験の受験資格は特になく、年齢,性別,学歴に関係なく誰でも受験することができます。試験日は、例年10月の第3日曜日です。試験内容は、宅地建物取引業に関する実用的な知識が、以下の内容の全般に及んでいるかどうかを判定することに基準を置いています。
(宅地建物取引業法施行規則第8条)

1・土地の形質、地積、地目及び種別並びに建物の形質、構造及び種別に関すること
2・土地及び建物についての権利及び権利の変動に関する法令に関すること
3・土地及び建物についての法令上の制限に関すること
4・宅地及び建物についての税に関する法令に関すること
5・宅地及び建物の需給に関する法令及び実務に関すること
6・宅地及び建物の価格の評定に関すること
7・宅地建物取引業法及び同法の関係法令に関すること
(※宅地建物取引業法第16条第3項の規定による講習の課程を修了し、講習修了者証明書の交付を受けた方は、1,5に関する問題が免除されます。)


問題形式は、4肢択一式50問のマークシート方式で、合格基準は、約70%です。定員制ではないため基準以上の点を取れば誰でも合格することができます。


【ユーキャンならではの特徴:宅地建物取引主任者受験講座】

ユーキャンでは、以下の学習方法を取り入れています。

ユーキャンの宅地建物取引主任者受験講座は、標準受講期間約6ヵ月という短期合格を実現するため、宅地建物取引主任者本試験に出る部分だけを集中学習します。(過去に出題された問題を徹底分析しているため、本試験問題の約8~9割をカバーしています。)

ユーキャンの宅地建物取引主任者受験講座は、法律初心者でも安心して学ぶことができるように、具体的な事例を使って分かりやすく説明しています。 図解や事例も豊富で、イメージしやすく自然に覚えられるよう工夫されています。

ユーキャンの宅地建物取引主任者受験講座は、学習法について講師が詳しく説明する合格ビデオや、出題ポイントなど本試験のことがよくわかる合格BOOK、過去の試験問題の中から特によく出題されるものを収録した過去問題集がついています。


しっかり学んで、宅地建物取引主任者の資格を身につけましょう!

<<無料案内資料のご案内>>

ここをクリックすると、全てのユーキャン通信講座・無料案内資料をネットから請求できます
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ユーキャンでは資格から趣味まで100講座以上を紹介!