1級土木施工管理技士合格指導講座

資格取得を目指す方の通信講座ユーキャン通信講座土木・建築・設備 >1級土木施工管理技士合格指導講座

1級土木施工管理技士合格指導講座

1級土木施工管理技士合格指導講座とは、現場の最高責任者となって土木工事現場で働く人々をまとめる1級土木施工管理技士の試験に合格する事を目標に学ぶ講座です。


1級土木施工管理技士は、建設現場の人々をまとめ、工程・安全・品質などの管理を行うスペシャリストで、河川,港湾,道路,鉄道,上下水道工事など、あらゆる土木建築の工程に携わる現場の責任者として重要な役割を果たしています。(※1級土木施工管理技士は、最高レベルの技術者である「監理技術者」になることができます。)


土木施工管理技士資格所持者には、国から点数が付与されます。2級で技術力評価2点,1級では5点になりますが、この点数が多いほど会社の格付けも上がるため、受注の機会が増えることにもつながり、会社にも大きく貢献することになります。そのため、1級土木施工管理技士の資格は、就職や転職に有利なだけではなく独立開業することもできます。


土木施工管理技士には1級と2級がありますが、2級であれば作業工程ごとの責任者である主任技術者になれます。しかし、元請として3,000万円以上を下請させたときは、元請から下請の現場に派遣する監理技術者は1級の資格者でなければなりません。ユーキャンでは、2級土木施工管理技士合格指導講座もあるので、着実に資格を取りたいという方はまず2級資格取得をおすすめします。


1級土木施工管理技士を受験するためには、実務試験が必要になりますが、卒業した学科によって必要な実務経験の年数に違いがあります。


試験内容は学科試験(例年7月上旬)と実地試験(例年10月上旬)で、学科試験は、「土木一般」「専門土木」「法規」「共通工学」「施工管理」の5科目で、必須問題と選択問題があります。問題のすべてが解答しやすい四肢択一式です。実地試験は、学科記述(土木一般,施工管理の記述問題)と経験記述(工事内容や施工方法,管理方法について詳しく記述する問題)があります。また、学科試験のみが合格になった場合は、次年度に限り学科試験が免除になります。


【ユーキャンならではの特徴:1級土木施工管理技士合格指導講座】

ユーキャンでは、以下の学習方法を取り入れています。

ユーキャンの1級土木施工管理技士合格指導講座のテキストは、過去10年分の出題傾向を分析し1級土木施工管理技士本試験に出題されやすい問題を中心に編集しているので、効率よく学習することができます。またイラストや図解が豊富で、分かりやすく説明しています。

ユーキャンの1級土木施工管理技士合格指導講座は、副教材としてテキスト学習後に要点整理ができる「講義ビデオ」や、重要用語をまとめたキーワード集,過去10年間の試験で出題頻度の高い問題を180問選んだ問題集などがあります。


しっかり学んで、1級土木施工管理技士の資格を手に入れましょう!

<<無料案内資料のご案内>>

ここをクリックすると、全てのユーキャン通信講座・無料案内資料をネットから請求できます
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ユーキャンでは資格から趣味まで100講座以上を紹介!