気象予報士合格指導講座

資格取得を目指す方の通信講座ユーキャン通信講座気象予報士 >気象予報士合格指導講座

気象予報士合格指導講座

気象予報士合格指導講座とは、一般的に“難関試験”といわれる気象予報士試験に合格するためのノウハウを学ぶための講座です。


気象予報士とは、気象庁から提供される数値予報結果や気象衛星などの観測データから、総合的に判断を下し独自の天気予報を行う国が認める気象のスペシャリストです。気象情報は、私達の社会にとって欠くことのできない新しいビジネスとして急成長をしているため、気象予報士は近年幅広い分野でニーズが高く、有能な人材を強く求められています。


例えば、流通業界(デパート・スーパー・コンビニ等)では、天候が売上げに大きく影響するため、販売の予測を立てるためにも気象情報は欠かすことが出来ません。建設業では、作業の進行や安全管理の面からも気象情報は必要です。農業や漁業のように、異常気象によって大きな打撃を受ける産業では日本のみならず世界規模での気象状況の把握が求められます。観光やレジャー産業も、天候が客足に与える影響は大きいため、長期予報も大事な情報となります。


交通・運輸・通信産業などでは、安全運行や防災の面からも気象情報は必要不可欠です。自治体や電力・ガス会社などでも、災害防止や環境保全のため気象情報を利用しています。しかし、気象予報士の絶対数はまだ少なく、人材の確保が課題にもなっています。


気象予報士試験は、年齢・性別・学歴・経験など関係なく誰でも受験することができます。試験は学科試験と実技試験があり、学科試験は8割程度の得点が必要といわれ、実技試験では応用力が問われます。気象予報士試験は一般的に“難関試験”とされていますが、普段の暮らしに密着した「天気」に関する問題が出題されるので、日常生活で自然に身についた知識も十分合格の手助けになります。


【ユーキャンならではの特徴:気象予報士合格指導講座】

ユーキャンでは、以下の学習方法を取り入れています。

ユーキャンの気象予報士合格指導講座は、試験の知識をただ詰め込むのではなく、問題を解く手がかりとなる考え方もきちんと身につけられます。

ユーキャンの気象予報士合格指導講座は、市販の問題集と違い、図表やイラストをたくさん使うなど、初心者の方にも理解しやすいよう様々な工夫がされています。

ユーキャンの気象予報士合格指導講座は、各レッスンの学習後に「理解度チェックテスト」で頭を整理し、その後、本試験レベルのチャレンジ問題で本番にむけての応用力を養成します。

ユーキャンの気象予報士合格指導講座は、「気象入門ビデオ」によるCG映像で気象現象の原理を立体的に解説します。目で見て理解できるため、初めての方でも気象学の基本が簡単に頭に入ってきます。


ユーキャンの気象予報士合格指導講座では、過去の問題を徹底的分析した結果、出題傾向や問題の難易度は当初からほとんど変わっていないことがわかりました。言い換えれば、対策が立てやすい試験と言えます。基礎と重点ポイントをうまく押さえて学習すれば、決して合格も難しくありません。


しっかり学んで、気象予報士の資格を身につけましょう!

<<無料案内資料のご案内>>

ここをクリックすると、全てのユーキャン通信講座・無料案内資料をネットから請求できます
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ユーキャンでは資格から趣味まで100講座以上を紹介!