介護予防運動指導員養成講座

資格取得を目指す方の通信講座ニチイ学館通信講座介護系資格 >介護予防運動指導員養成講座

介護予防運動指導員養成講座

介護予防運動指導員養成講座とは、高齢者が介護の手を必要とせず健康な生活を送れるよう健康面を通してサポートする介護予防運動指導員の技能を身につけることのできる講座です。(※当講座は、東京都老人総合研究所が有する「介護予防のノウハウ」を学習するもので、法的な資格を付与するものではありません。)

医療・福祉で働くための資格取得から就職までトータルサポート!
ニチイ学館


高齢化社会が進む中、2006年春の介護保険制度の改正に伴い、要支援・要介護1の一部が「介護予防サービス」に移行しました。介護は、誰もが「受ける」だけではなく「予防できるものは予防する」という方向に向かっています。介護予防運動指導員は、介護予防サービスの中心となるエキスパートとして今注目を浴びています。


当講座には受講条件があります。以下のいずれかの資格を持っている方で、演習をすべて一人の力で遂行できる方が受講できます。
●訪問介護員1級・2級の研修修了後、実務経験2年以上の方●医師●歯科医師●保健師●助産師●看護師(准看護師含む)●理学療法士●作業療法士●介護福祉士●歯科衛生士●はり師●灸師●柔道整復師●栄養士(管理栄養士含む)●介護支援専門員●健康運動指導士等●あん摩マッサージ指圧師●言語聴覚士●社会福祉士
当講座の受講生は、8割以上が女性です。また、全受講生の半分以上が40代以上の方です。女性の方が健康に気を使う人が多いことや、年齢を積むほど関心も高まるというのも要因かもしれません。そして、はり師や柔道整復師の方も受講生の1割近くを占めています。こうした事実を見ても介護予防は多方面から注目されていることが分かります。


介護予防運動指導員は、お客様の日常生活の目標に合わせた介護予防のプログラムを立案し、必要な場合は他の医療・福祉専門職との連携を図ったり、コンディショニング、筋力増強、軽運動、バランス面など様々な方面からの指導を行います。ニチイ学館のアイリスケアセンターでも介護予防プログラムの導入を積極的に進めています。介護を予防することでお客様の笑顔を引き出すこともできます。生涯を通じてやりがいのある技能を是非身につけてください。


【ニチイ学館ならではの特徴:介護予防運動指導員養成講座】

◆ニチイ学館の介護予防運動指導員養成講座では、最大で1年間まで受講を延長することができます。(長期の入院や転居等、やむを得ない理由の場合に限ります。また6割以上出席した場合に限ります。)

◆ニチイ学館の介護予防運動指導員養成講座は、30年以上も前から老化研究を開始し介護予防法として成果をまとめあげている東京都老人総合研究所のカリキュラムに、ニチイ学館のノウハウをプラスしています。

■□■□■ 無料案内資料へのお申込 ■□■□■
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

医療・福祉で働くための資格取得から就職までトータルサポート!
ニチイ学館