都々逸を知る

資格取得を目指す方の通信講座がくぶん通信講座趣味を楽しみたい方向け講座 >都々逸を知る

都々逸を知る

都々逸を知るとは、俳句・短歌・川柳と並ぶ日本人の心の源、都々逸のすべてが身につく唯一の本格講座です。

がくぶん総合教育センター 通信講座で資格を取ろう


都々逸(どどいつ)』とは、江戸末期に都々逸坊扇歌により大成された口語による定型詩で、主に七・七・七・五の音数律に従うものです。元来は三味線と共に歌われる俗曲で、音曲師が寄席や座敷などで演じる出し物でした。都々逸は主に男女の恋愛を題材として扱ったため情歌とも呼ばれていましたが、明治頃から唄ものをはなれた文芸形式としても認識されるようになりました。


都々逸は、七・七・七・五の文字の中に粋や洒落,笑い,恋,花鳥風月などのすべてが詠みとれるものです。都々逸を知るでは、古典から現代都々逸の名作を三味線の伴奏テープで鑑賞するので、初心者の方でも『見る・聞く・唄う・創る』という都々逸の楽しみのすべてを満喫することができます。


【がくぶんならではの特徴:都々逸を知る】

がくぶんの都々逸を知るは、自作都々逸をチェックする実践課題集を用意しています。『見る・聞く・唄う・創る』の総合指導で、誰でも芸術作品を作ることができます。

がくぶんの都々逸を知るは、都々逸作品を『見る・聞く・唄う・創る』だけでなく、その歴史や時代背景も総合的に学ぶことができます。

■□■□■ 無料案内資料へのお申込 ■□■□■
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
がくぶん総合教育センター 通信講座で資格を取ろう