ビオチン

いいサプリメント.com水溶性ビタミン事典>ビオチン

ビオチン

◆ビオチンとは

ビオチンは、皮膚や髪を健康に保つ働きがあるため、別名『皮膚のビタミン』とも呼ばれています。
※アトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー反応を引き起こす化学物質ヒスタミンの元になるヒスチジンを除去する働きがあります。

またビオチンは、皮膚の基底細胞下にある毛細血管を太くして血流を上げることが判っているため、頭皮の調子を整える働きもあり、毛髪の発育機能を高める効果が期待できるビタミンでもあります。

"ビオチンとは"の続きはこち ら

◆ビオチンの摂取量および効能・効果・生理機能(働き)

日本人の栄養所要量(推奨量)は、以下の通りです。

■成人 30μg(授乳婦は+5μg)

"ビオチンの摂取量および効能・効果・生理機能(働き)"の続きはこち ら

◆ビオチンを多く含む食品

ビオチンを多く含む食品(食べ物・食材・料理・野菜・果物・肉)は以下のようなものです。

■豚レバー 92.3μg
■大豆:61.2μg

"ビオチンを多く含む食品"の続きはこち ら

◆ビオチンの欠乏症と過剰摂取

ビオチンが欠乏すると、以下のような症状が出る可能性があります。

■抜け毛が多くなり白髪になる
■皮膚炎や結膜炎になる
■無気力・憂鬱になる
■疲労感が出る
■食欲不振・吐き気・嘔吐が起こる

"ビオチンの欠乏症と過剰摂取"の続きはこち ら

水溶性ビタミン事典 項目一覧