ナイアシン

いいサプリメント.com水溶性ビタミン事典>ナイアシン

ナイアシン

◆ナイアシンとは

ナイアシンは、血行を良くし肌を健康に保つことから、別名『肌のビタミン』とも呼ばれています。

またナイアシンは、アルコールを分解する酵素の補酵素として働きます。そのためアルコールの摂取量が多いと欠乏状態になり、認知症状も出るペラグラという皮膚炎を引き起こす事もあるので、飲酒量の多い人は積極的に摂取した方がよいとされています。ビタミンB6が欠乏すると、ナイアシンも欠乏します。

"ナイアシンとは"の続きはこち ら

◆ナイアシンの摂取量および効能・効果・生理機能(働き)

日本人の栄養所要量(推奨量)は、以下の通りです。

■男性 17mgNE
■女性 13mgNE (妊婦は+2mgNE、授乳婦は+4mgNE)

"ナイアシンの摂取量および効能・効果・生理機能(働き)"の続きはこち ら

◆ナイアシンを多く含む食品

ナイアシンを多く含む食品(食べ物・食材・料理・野菜・果物・肉)は以下のようなものです。

■舞茸(乾):64.1mg ※生:9.1mg、茹で:3.3mg
■たらこ(焼き):56.9mg ※生:49.5mg

"ナイアシンを多く含む食品"の続きはこち ら

◆ナイアシンの欠乏症と過剰摂取

ナイアシンが欠乏すると、以下のような症状が出る可能性があります。

■便秘・下痢・胃炎・食欲不振など、消化器官の異常があらわれる
■頭痛やめまいが起こる
■不安感が起こる(ノイローゼ気味になる)
■口内炎・口角炎になる
■欠乏がひどい場合は、ペラグラ(進行すると痴呆をともなう皮膚炎)になる

"ナイアシンの欠乏症と過剰摂取"の続きはこち ら

水溶性ビタミン事典 項目一覧