ビタミンB6

いいサプリメント.com水溶性ビタミン事典>ビタミンB6

ビタミンB6

◆ビタミンB6とは

ビタミンB6は、皮膚の健康に多く関わっているため、別名『皮膚のビタミン』とも呼ばれています。また、ビタミンB6を活性化させるためには、ビタミンB2が必要です。ビタミンB6が欠乏すると、ナイアシンも欠乏します。

ビタミンB群には相助作用があるため、個々に摂った時よりも全部一緒に獲った時の方が効果が大きいです。特にビタミンB1,B2,B6は、等量摂取した場合に最も効果があります。

"ビタミンB6とは"の続きはこち ら

◆ビタミンB6の摂取量および効能・効果・生理機能(働き)

日本人の栄養所要量(推奨量)は、以下の通りです。

■男性 1.6mg
■女性 1.2mg (妊婦は+0.5mg、授乳婦は+0.6g)

"ビタミンB6の摂取量および効能・効果・生理機能(働き)"の続きはこち ら

◆ビタミンB6を多く含む食品

ビタミンB6を多く含む食品(食べ物・食材・料理・野菜・果物・肉)は以下のようなものです。

■にんにく(生):1.50mg
■小麦胚芽:1.24mg

"ビタミンB6を多く含む食品"の続きはこち ら

◆ビタミンB6の欠乏症と過剰摂取

ビタミンB6が欠乏すると、以下のような症状が出る可能性があります。

■口内炎,舌炎,皮膚炎(ビタミンB2不足の合併症として起こる)
■神経過敏になり眠れなくなる
■動脈硬化が進む
■脂肪肝になる
■発疹,じんましん
■足がつる
■手足が痺れる
■うつ状態になる
■妊娠初期はつわりがひどくなる

"ビタミンB6の欠乏症と過剰摂取"の続きはこち ら

水溶性ビタミン事典 項目一覧