ビタミンB2

いいサプリメント.com水溶性ビタミン事典>ビタミンB2

ビタミンB2

◆ビタミンB2とは

ビタミンB2は、皮膚や粘膜を健康に保ち、肌荒れやニキビを防ぐ事から、別名『美容のビタミン』と呼ばれています。また、脂肪の代謝を促進する事から『脂肪のビタミン』とも呼ばれ、ビタミンB1とともに摂取したカロリーの燃焼に働きます。


ビタミンB群には相助作用があるため、個々に摂った時よりも全部一緒に獲った時の方が効果が大きいです。特にビタミンB1,B2,B6と等量摂取した場合、最も効果があります。

"ビタミンB2とは"の続きはこち ら

◆ビタミンB2の摂取量および効能・効果・生理機能(働き)

日本人の栄養所要量(推奨量)は、以下の通りです。

■男性 1.2mg
■女性 1.0mg (妊婦は+0.2mg、授乳婦は+0.3mg)

"ビタミンB2の摂取量および効能・効果・生理機能(働き)"の続きはこち ら

◆ビタミンB2を多く含む食品

ビタミンB2を多く含む食品(食べ物・食材・料理・野菜・果物・肉)は以下のようなものです。

■豚レバー(生):3.60mg ※スモークレバー:5.17mg
■干し海苔:2.68mg

"ビタミンB2を多く含む食品"の続きはこち ら

◆ビタミンB2の欠乏症と過剰摂取

ビタミンB2が欠乏すると、以下のような症状が出る可能性があります。

■口唇炎,口角炎,口唇炎,舌炎など、口の中や周りの炎症が起こる
■角膜炎になる
■眼精疲労が起こる(目が充血したり光が眩しく感じる)
■動脈硬化が進む
■成長期の場合は発育が止まる

"ビタミンB2の欠乏症と過剰摂取"の続きはこち ら

水溶性ビタミン事典 項目一覧