ビタミンB6の摂取量および効能・効果・生理機能(働き)

いいサプリメント.com水溶性ビタミン事典ビタミンB6

ビタミンB6の摂取量および効能・効果・生理機能(働き)

日本人の栄養所要量(推奨量)は、以下の通りです。

■男性 1.6mg
■女性 1.2mg (妊婦は+0.5mg、授乳婦は+0.6g)

ビタミンB6のRDA(アメリカ政府が定めた「1日あたりの摂取勧告量」)は
1.6~2.0mg(妊婦は2.3mg、授乳婦は2.1mg)です。

ビタミンB6を1.6mg摂るための具体例
★本マグロ(切り身):188g
★鶏むね肉:296g
★バナナ:421g
(可食部100g当たりとして計算)


【効能・効果・生理機能(働き)】
■たんぱく質と脂肪の代謝に働く
■神経伝達物質の生成に働く
■免疫システムを強化する
■インスリンの合成に働く
■皮膚を健康に保つ
■赤血球作りに働く
■つわりを軽くする
■月経前症候群(PMS)を緩和する

小児喘息の発作を減らし免疫力をアップさせるという報告例もあり、アレルギー体質の人にも良いとされています。また、ピルを常用中の女性もビタミンB6が不足しがちなので、摂取を心がけた方が良いとされています。

« 前の項目にもどる ← →次の項目へすすむ »

いいサプリメント.com限定の完全無料レポートです。

ご自分の健康をレベルアップすることは、それ程難しいことではありません。「正しい知識を学ぶこと」、「毎日口に入れる食べ物に少々気を遣うこと」、そして「これらを習慣化すること」だけです。

このレポートを、あなたとあなたの大切な方のために是非ご活用下さい。
(以下に、このレポートをご覧いただくメリットの一部をご紹介します)

  • 健康の本当の意味が分かります
  • 生活習慣病とそれを防ぐための栄養素との関わりが分かります
  • 肥満するメカニズムが分かります
  • ダイエットしながら健康になる方法が分かります
  • 活性酸素発生の仕組みとそれを防ぐ方法が分かります
  • 代謝不良の原因とそれを防ぐ方法が分かります
  • 健康レベルを上げるためのコツをつかめます
  • 栄養素の重要性が分かります
  • 現代の食生活の問題点が分かり、その解決策が見えてきます
  • サプリメントを選ぶ基準が分かります

健康への第一歩はこちら!!
↓ ↓ ↓ ↓
現在 調整中

◆あなたのメールアドレスへ「当店限定の無料レポート」をお届けします。

水溶性ビタミン事典 項目一覧