ビタミンB12とは

いいサプリメント.com水溶性ビタミン事典ビタミンB12

ビタミンB12とは

ビタミンB12とは、脊髄で赤血球を作る働きを助ける作用があるため、別名『造血のビタミン』とも呼ばれています。葉酸とともに遺伝子を構成する核酸の合成に関わっているため、ビタミンB12や葉酸が不足すると、赤血球の生産に異常をきたし「悪性貧血」が引き起こされます。(悪性貧血とは、鉄分不足による貧血とは区別されます。)

また、他のビタミンB郡だけでなく、ビタミンA・E・Cとも相乗的に働きます。

【性質】
水に溶けやすい性質を持っています。またビタミンB12は、弱酸で熱に安定しているが、強酸・アルカリ・光で分解されるという特質があります。

【発見の歴史】
ビタミンB12の発見者は、アメリカのフォルカースとイギリスのスミスです。動物の肝臓に含まれている、葉酸以外の抗貧血因子が乳酸菌増殖因子だということを発見した彼らは、この因子を肝臓から結晶として分離することに成功し、これを『ビタミンB12』と命名しました。

化学名は、コバラミンといいます。

« 前の項目にもどる ← →次の項目へすすむ »

いいサプリメント.com限定の完全無料レポートです。

ご自分の健康をレベルアップすることは、それ程難しいことではありません。「正しい知識を学ぶこと」、「毎日口に入れる食べ物に少々気を遣うこと」、そして「これらを習慣化すること」だけです。

このレポートを、あなたとあなたの大切な方のために是非ご活用下さい。
(以下に、このレポートをご覧いただくメリットの一部をご紹介します)

  • 健康の本当の意味が分かります
  • 生活習慣病とそれを防ぐための栄養素との関わりが分かります
  • 肥満するメカニズムが分かります
  • ダイエットしながら健康になる方法が分かります
  • 活性酸素発生の仕組みとそれを防ぐ方法が分かります
  • 代謝不良の原因とそれを防ぐ方法が分かります
  • 健康レベルを上げるためのコツをつかめます
  • 栄養素の重要性が分かります
  • 現代の食生活の問題点が分かり、その解決策が見えてきます
  • サプリメントを選ぶ基準が分かります

健康への第一歩はこちら!!
↓ ↓ ↓ ↓
現在 調整中

◆あなたのメールアドレスへ「当店限定の無料レポート」をお届けします。

水溶性ビタミン事典 項目一覧