水溶性ビタミン事典

いいサプリメント.com水溶性ビタミン事典

ビタミンB1とは

ビタミンB1は、神経系と精神状態に良い影響をもたらす事から別名『神経のビタミン』とも呼ばれています。また、ビタミンB群には相助作用があるため、個々に摂った時よりも全部一緒に摂った時の方が効果が大きいです。特にビタミンB1はビタミンB2、B6と等量摂取した場合、最も効果があります。


"ビタミンB1"の詳細はこちら


ビタミンB2とは

ビタミンB2は、皮膚や粘膜を健康に保ち、肌荒れやニキビを防ぐ事から、別名『美容のビタミン』と呼ばれています。また、脂肪の代謝を促進する事から『脂肪のビタミン』とも呼ばれ、ビタミンB1とともに摂取したカロリーの燃焼に働きます。ビタミンB群には相助作用があるため、個々に摂った時よりも全部一緒に獲った時の方が効果が大きいです。


"ビタミンB2"の詳細はこちら


ビタミンB6とは

ビタミンB6は、皮膚の健康に多く関わっているため、別名『皮膚のビタミン』とも呼ばれています。また、ビタミンB6を活性化させるためには、ビタミンB2が必要です。ビタミンB6が欠乏すると、ナイアシンも欠乏します。ビタミンB群には相助作用があるため、個々に摂った時よりも全部一緒に獲った時の方が効果が大きいです。



"ビタミンB6"の詳細はこちら


ビタミンB12とは

ビタミンB12とは、脊髄で赤血球を作る働きを助ける作用があるため、別名『造血のビタミン』とも呼ばれています。葉酸とともに遺伝子を構成する核酸の合成に関わっているため、ビタミンB12や葉酸が不足すると、赤血球の生産に異常をきたし「悪性貧血」が引き起こされます。(悪性貧血とは、鉄分不足による貧血とは区別されます。)また、他のビタミンB郡だけでなく、ビタミンA・E・Cとも相乗的に働きます。

"ビタミンB12"の詳細はこちら


ビタミンCとは

ビタミンCは、副腎皮質から分泌されるアドレナリン(抗ストレスホルモン)の生成を助けることから、別名『抗ストレスビタミン』とも呼ばれています。副腎は体内で最も多くの量のビタミンを蓄えているため、ストレスを受けるとアドレナリンを作るために大量のビタミンCが使われます。また、ビタミンCは強い抗酸化作用があるため、体内の細胞を酸化させる活性酸素とたたかう『抗酸化物質(抗酸化ビタミン)』の一つです。

"ビタミンC"の詳細はこちら


葉酸とは

葉酸は、DNAの形成や細胞分裂に必要で、特に妊婦には胎児の成長のためにも欠かせない栄養素なので、別名『妊婦のビタミン』とも呼ばれています。また葉酸は、ビタミンB12とともに赤血球を作る働きを助けるため、『造血のビタミン』とも呼ばれています。



"葉酸"の詳細はこちら


ナイアシンとは

ナイアシンは、血行を良くし肌を健康に保つことから、別名『肌のビタミン』とも呼ばれています。またナイアシンは、アルコールを分解する酵素の補酵素として働きます。

"ナイアシン"の詳細はこちら


パントテン酸とは

パントテン酸は、糖質・脂質・たんぱく質等の代謝を促進する補酵素としての働きがあるため、別名『ダイエットのビタミン』とも呼ばれています。またパントテン酸は、ストレスを緩和する副腎皮質ホルモンの働きを促進する働きもあります。



"パントテン酸"の詳細はこちら


ビオチンとは

ビオチンは、皮膚や髪を健康に保つ働きがあるため、別名『皮膚のビタミン』とも呼ばれています。またアトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー反応を引き起こす「化学物質ヒスタミン」の元になるヒスチジンを除去する働きがあります。

"ビオチン"の詳細はこちら


おすすめサイト紹介

医療事務
医療事務の資格取得から就職、仕事内容まで医療事務に関する総合サイトです

脱毛 千葉県
皮膚科専門医クリニックによる安心、安全、確実な脱毛が可能な「医療レーザー脱毛」についての解説サイトです。

レーシック手術体験談
サイト運営者自身が体験したレーシック手術についての体験談です。

水溶性ビタミン事典 項目一覧