ビタミンA

いいサプリメント.com脂溶性ビタミン事典>ビタミンA

ビタミンA

◆ビタミンAとは

ビタミンAは、目の健康に深く関わる栄養素なので、別名『目のビタミン』とも呼ばれています。

ビタミンAには、既にビタミンAの形になっている『レチノール』と呼ばれるもの(動物性食品にだけ含まれる)と、体内で必要に応じてビタミンAに変換される『βカロチン』(植物性,動物性食品両方に含まれる)の2種類があります。(※βカロチンがビタミンAに変わるのは、重量比の1/6と言われています。)

"ビタミンAとは"の続きはこち ら

◆ビタミンAの摂取量および効能・効果・生理機能(働き)

日本人の栄養所要量(推奨量)は、以下の通りです。

■男性 600μg
■女性 540μg(妊婦は+60μg、授乳婦は+300μg)

"ビタミンAの摂取量および効能・効果・生理機能(働き)"の続きはこち ら

◆ビタミンAを多く含む食品

ビタミンAを多く含む食品(食べ物・食材・料理・野菜・果物・肉)は以下のようなものです。

■鳥レバー(生):14000μg
■豚レバー(生):13000μg

"ビタミンAを多く含む食品"の続きはこち ら

◆ビタミンAの欠乏症と過剰摂取

ビタミンAが欠乏すると、以下のような症状が出る可能性があります。

■夜盲症になる
■眼(角膜)乾燥症になる
■光が眩しく感じる
■肌が荒れる
■爪がもろくなる
■風邪をひきやすくなる
■抜け毛が増える
■食欲不振になる(胃腸が弱る)
■粘膜のガンにかかりやすくなる

"ビタミンAの欠乏症と過剰摂取"の続きはこち ら

脂溶性ビタミン事典 項目一覧