マグネシウム(Mg)

いいサプリメント.comミネラル事典>マグネシウム(Mg)

マグネシウム(Mg)

◆マグネシウムとは

マグネシウムは、体内に存在する物のうち半分以上が骨を作る組織になるため、別名『骨のミネラル』とも呼ばれます。

また、マグネシウムは、カルシウムとバランスを取りながら体の代謝を促進したり精神の平静を保つ働きがあるので、カルシウムと一緒に摂取するのが望ましい(マグネシウムとカルシウムの摂取比率は1:2が良い)とされています。

"マグネシウムとは"の続きはこち ら

◆マグネシウムの摂取量および効能・効果・生理機能(働き)

日本人の栄養所要量(推奨量)は、以下の通りです。

■男性 310mg 
■女性 250mg (妊婦は+35mg)
※上限量:男女とも700mg

"マグネシウムの摂取量および効能・効果・生理機能(働き)"の続きはこち ら

◆マグネシウムを多く含む食品

マグネシウムを多く含む食品(食べ物・食材・料理・野菜・果物・肉)は以下のようなものです。

"マグネシウムを多く含む食品"の続きはこち ら

◆マグネシウムの欠乏症と過剰摂取

マグネシウムが欠乏すると、以下のような症状が出る可能性があります。

■神経が不安定になりイライラする
■疲れが取れにくくなる
■手足のしびれや震えが生じる
■筋肉にけいれんが起こる
■動悸や不整脈などの心疾患
■高血圧症になる
■食欲が減退し脱力感が生じる
■うつ状態になる
■こむら返りが起こる

"マグネシウムの欠乏症と過剰摂取"の続きはこち ら

ミネラル事典 項目一覧