銅とは

いいサプリメント.comミネラル事典銅(Cu)

銅とは

銅は、ヘモグロビンと鉄を結びつける働きがあるため、別名『血のミネラル』とも呼ばれます。

ヘモグロビンは鉄がないと酸素と結合できず、その酸素を運ぶために銅は必要不可欠とされています。そのため銅の欠乏は、鉄欠乏症貧血を引き起こします。

また銅は、骨に多く含まれ骨の強化に役立つ事から『骨のミネラル』とも呼ばれます。このように、銅は体の中の様々な酵素の構成要素としてその働きを助けています。


【性質】
成人の体内に約100mg含まれています。また、銅は筋肉・骨・肝臓に多く含まれています。


【発見の歴史】
1925年にアメリカのハートとエルビエムが行った研究により、銅が人間にとって栄養源であることが分かりました。ハートとエルビエムが行った研究では、鉄を与えても貧血が治らないネズミに、牛レバー・とうもろこし・レタスを与えたところ改善が見られ、その結果これが銅によるものだとつきとめました。

« 前の項目に戻る ← →次の項目へ進む »

いいサプリメント.com限定の完全無料レポートです。

ご自分の健康をレベルアップすることは、それ程難しいことではありません。「正しい知識を学ぶこと」、「毎日口に入れる食べ物に少々気を遣うこと」、そして「これらを習慣化すること」だけです。

このレポートを、あなたとあなたの大切な方のために是非ご活用下さい。
(以下に、このレポートをご覧いただくメリットの一部をご紹介します)

  • 健康の本当の意味が分かります
  • 生活習慣病とそれを防ぐための栄養素との関わりが分かります
  • 肥満するメカニズムが分かります
  • ダイエットしながら健康になる方法が分かります
  • 活性酸素発生の仕組みとそれを防ぐ方法が分かります
  • 代謝不良の原因とそれを防ぐ方法が分かります
  • 健康レベルを上げるためのコツをつかめます
  • 栄養素の重要性が分かります
  • 現代の食生活の問題点が分かり、その解決策が見えてきます
  • サプリメントを選ぶ基準が分かります

健康への第一歩はこちら!!
↓ ↓ ↓ ↓
現在調整中

ミネラル事典 項目一覧