カルシウムとは

いいサプリメント.comミネラル事典カルシウム(Ca)

カルシウムとは

カルシウムは、骨と歯を丈夫に保つ働きをするため別名『骨のミネラル』とも呼ばれています。

体内のカルシウムの99%は骨と歯の成分(貯蔵カルシウム)で、残りの1%が血液や筋肉にあります(機能カルシウム)。
※血中のカルシウムが不足すると、骨から貯蔵カルシウムが流れてしまいます。これが骨粗しょう症や骨軟化症を引き起こす原因です。


【性質】
成人の体内に含まれるカルシウムの99%は、リン酸塩・炭酸塩として骨や歯の成分になっています。


【発見の歴史】
カルシウムの元素を発見したのは、イギリスのデイビーです。1748年スウェーデンのガーンが、骨の大部分は石灰(酸化カルシウム)から形成されていると提唱し、1808年にデイビーがカルシウム元素を発見しました。1921年には、シャーマンらによって、餌に含まれるカルシウムとリンのバランスが悪いとネズミに骨疾患が起こる事が報告されています。

« 前の項目に戻る ← →次の項目へ進む »

いいサプリメント.com限定の完全無料レポートです。

ご自分の健康をレベルアップすることは、それ程難しいことではありません。「正しい知識を学ぶこと」、「毎日口に入れる食べ物に少々気を遣うこと」、そして「これらを習慣化すること」だけです。

このレポートを、あなたとあなたの大切な方のために是非ご活用下さい。
(以下に、このレポートをご覧いただくメリットの一部をご紹介します)

  • 健康の本当の意味が分かります
  • 生活習慣病とそれを防ぐための栄養素との関わりが分かります
  • 肥満するメカニズムが分かります
  • ダイエットしながら健康になる方法が分かります
  • 活性酸素発生の仕組みとそれを防ぐ方法が分かります
  • 代謝不良の原因とそれを防ぐ方法が分かります
  • 健康レベルを上げるためのコツをつかめます
  • 栄養素の重要性が分かります
  • 現代の食生活の問題点が分かり、その解決策が見えてきます
  • サプリメントを選ぶ基準が分かります

健康への第一歩はこちら!!
↓ ↓ ↓ ↓
現在調整中

ミネラル事典 項目一覧