水溶性食物繊維とは

いいサプリメント.com食物繊維事典食物繊維の分類

水溶性食物繊維とは

水溶性食物繊維:SDF(water-soluble dietary fiber)とは、植物細胞の内側の『細胞質』の中に含まれている成分です。

(不溶性食物繊維と同じく糖がつながって構成されていますが、構造の違いで水溶性という特徴があります。) 水に溶けると大きな粘性を示す性質があり、大腸内で微生物によって分解されます。

水溶性食物繊維は、不溶性食物繊維よりも更に水分を吸収して膨らむ(保水力に優れている)ため、胃の中に滞留する時間が長く、消化吸収のスピードも遅くなります。

そのため、コレステロールの吸収を低下させる、体内コレステロール濃度を正常にする、食後の血糖値の急激な上昇を防いだりする等の働きがあり、不溶性食物繊維よりも多く摂取した方がよいとされています。


水溶性食物繊維の種類:多く含まれる食品】
・ペクチン :熟した果物、かぼちゃ、キャベツ、ジャガイモ
・植物ガム(グアーガム) :豆、大麦、オーツ麦
・粘質多糖類(グルコマンナン) :こんにゃく、さといも(植物の種子、葉、根など )
・海藻多糖類(アルギン酸、ラミナリン、フコイジン):こんぶ、わかめなどの海藻類

※ペクチンは、細胞壁にあるものは水に溶けないタイプで、
細胞質にあるものは水に溶けるタイプの物です。

« 前の項目にもどる ← →次の項目へすすむ »

いいサプリメント.com限定の完全無料レポートです。

ご自分の健康をレベルアップすることは、それ程難しいことではありません。「正しい知識を学ぶこと」、「毎日口に入れる食べ物に少々気を遣うこと」、そして「これらを習慣化すること」だけです。

このレポートを、あなたとあなたの大切な方のために是非ご活用下さい。
(以下に、このレポートをご覧いただくメリットの一部をご紹介します)

  • 健康の本当の意味が分かります
  • 生活習慣病とそれを防ぐための栄養素との関わりが分かります
  • 肥満するメカニズムが分かります
  • ダイエットしながら健康になる方法が分かります
  • 活性酸素発生の仕組みとそれを防ぐ方法が分かります
  • 代謝不良の原因とそれを防ぐ方法が分かります
  • 健康レベルを上げるためのコツをつかめます
  • 栄養素の重要性が分かります
  • 現代の食生活の問題点が分かり、その解決策が見えてきます
  • サプリメントを選ぶ基準が分かります

健康への第一歩はこちら!!
↓ ↓ ↓ ↓
現在 調整中

◆あなたのメールアドレスへ「当店限定の無料レポート」をお届けします。

食物繊維事典 項目一覧